ZAKKI|逃げるけどこれは作戦だぞ

主にバイオハザード関連のメモです。攻略サイトではありません。

バイオ7のベイカー家での犠牲者リスト|バイオハザード7

calendar

reload

バイオ7のベイカー家での犠牲者リスト|バイオハザード7

スポンサーリンク

廃屋地下室で発見するベイカー家による犠牲者リスト

バイオハザード7の舞台、ルイジアナ州ダルウェイのベイカー農場に、3年前に失踪した妻ミア・ウィンタースを探しに行った夫イーサンが、廃屋の地下牢で目にした犠牲者と思われるリスト(写真下参照)。これをテキストに起こしました。

まずは1ページ目(表側)

  • ミア
    • 表記なし
  • ヘイディ
    • 転化
  • クライド
    • 死亡
  • リンゼー
    • 転化
  • スティーブン
    • 転化
  • ナサニエル
    • 死亡
  • エドワード
    • 死亡
  • ナディーン
    • 死亡
  • アレックス
    • 死亡
  • トム
    • 死亡
  • レイド
    • 転化
  • スーザン
    • 転化
  • ジョセフ
    • 死亡
  • デイビッド
    • 死亡

次に2ページ目(裏側)

  • ベン
    • 死亡
  • ハロルド
    • 転化
  • アーサー
    • 転化
  • タマラ
    • 転化
  • クレイグ
    • 死亡
  • レイラ
    • 死亡
  • ショーン
    • 死亡
  • ウィリアム
    • 死亡
  • トラヴィス
    • 転化
  • ピーター
    • 死亡
  • アンドレ
    • 死亡
  • クランシー
    • → L
廃屋の地下牢前で入手する犠牲者リスト(表)

廃屋の地下牢前で入手する犠牲者リスト(表)

廃屋の地下牢前で入手する犠牲者リスト(裏)

廃屋の地下牢前で入手する犠牲者リスト(裏)

1ページ目が14人。2ページ目が12人。合計が26人。

分類

死亡となっているのは、1ページ目が8人。2ページ目が7人。合計15人。

転化となっているのは、1ページ目が5人。2ページ目が4人。合計9人。

死亡と転化に当てはまらないのは2人で、ミアの表記なしと、クランシーの→ Lの2名です。

男女比

男女比では女性が少なく、推定ではミア、リンゼー、スーザン、タマラ、レイラ、の5名です。26人中の5名ですから約19%。ミアを除くと25人中4名で16%です。

ミアとクランシー

このなかで特殊表記はミアとクランシーですが、ミアはエブリンの母親役として生かされている状態なので特別としても、変わっているのはクランシーです。追加コンテンツVol.1のBedroomとNightmareにおいてプレイヤーキャラクターとして登場します。プレイヤー次第ではありますが、マーガレットの寝室を逃れた後、ジャックに捕まり地下室につれていかれ、朝までの5時間を生き延びて、ついに館から生還するということになります。しかしゲーム本編では、ベイカー家の倅ルーカス(Lucas)に捕まっており、おもちゃにされた挙句に殺されます(ビデオ「ハッピーバースデイ」において)。

このクランシーの表記である『L』は、ルーカス/Lucasの頭文字であることを表しているのか、この時点ではまだ生存している『LIVE』の意味なのかわかりません。しかしミアも生存しているのに表記なしであることを考えると、ルーカス送りであることを表しているのでしょう。ちなみにクランシーのフルネームは、ビデオ「ハッピーバースデー」のタイトル画面において判明している。フルネームはクランシー・ジェイビス/Clansy Javisです。

ここに載っていない不明者がいる

ヘレン・ミッドギフ

ゲーム本編にあるアリッサ・アシュクロフトによる新聞記事(写真下参照)で、「ルイジアナ南部で失踪相次ぐ 2年間で20人以上?」しているとの描写がある。この記事では、ノースカロライナの大学生ヘレン・ミッドキフさんが消息不明と書かれている。しかし、この廃屋の地下牢でのリストには、ヘレンもミッドキフもいない。ヘレン・ミッドキフはベイカー家に関係しているのだろうか。この新聞記事の日付2016年1月19日は、ゲーム本編当日の2017年7月19日から1年半前である。あの「下水道ゲーターズ」の3人、ピーター、アンドレ、クランシーもリストに入っているのだから、犠牲者は全員リスト化されているように思える。だからこのリストにヘレン・ミッドギフがいないということは、彼女はベイカー家とは無関係の可能性もある。単に地元に関する記事に目が留まり新聞を購入しただけと。

アリッサ・アシュクロフトの記事1

アリッサ・アシュクロフトの記事1

アリッサ・アシュクロフトの記事2

アリッサ・アシュクロフトの記事2

もう一人の不明者コートニー

本館1階西のセーブポイントがある部屋の引き出しの中に、リストにある犠牲者のひとりトラヴィスの書き置きがある。この書き置きの宛名がコートニーである(写真下参照)。リストによると、どうやらトラヴィスは捕まって転化させられてしまったようだが、コートニーの名前はリストにはない。コートニー(Courtney)は、もともとは男性名だそうですが、現在では男女両方使う名前だそうです。書き主であるトラヴィスの文面からも、相手は彼女や妻に宛てたように感じられます。

コートニー:もう一人の生存者か(1)

コートニー:もう一人の生存者か(1)

コートニー:もう一人の生存者か(2)

コートニー:もう一人の生存者か(2)

ジャックのメモにある夫婦

本館2階の娯楽室にあるジャックのメモには、日付と犠牲者のことが書いてある。そこに「6/14旅行中の夫婦 旦那は成功12人目。嫁は駄目だった。廃棄。」とあり、この2人がトラヴィスとコートニー。「旦那は成功12人目」とあり、メモの下には「8/13 浮浪者の爺さん 3日で転化。13人目」と記されているので、このカウントは転化した人数だと判断できる。上で述べたリストには、トラヴィスは転化したとされているので、このメモの2人はトラヴィスとコートニーと判断できる。コートニーは廃棄されたとあるが、廃棄とは具体的にどういうことなのか。焼却炉で荼毘に付したということか。それとも湿地にでも破棄したのかよくわからない。

この夫婦ではないと判断

この夫婦と判断できる

バイオ7の不思議のひとつ

イーサンが廃屋でリストを発見した時点では、まだクランシーは生きていたのでしょうか。それともとっくに死んでいたのでしょうか。ビデオ『ハッピーバースデイ』は時系列として、いつ撮影されたのでしょうか。ビデオのスタート画面では2017年6月2日になっていますが、これはルーカスが編集した日付とも考えられますので、撮影日とは別とも考えられます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




逃げるけどこれは作戦だぞ

ZAKKI

ZAKKI

バイオ関連の気になった情報を書き留めています。攻略サイトでありません。