ZAKKI|逃げるけどこれは作戦だぞ

バイオハザード関連のメモ|攻略サイトではありません

PROJECT RESISTANCEが面白そうだ

PROJECT RESISTANCEが面白そうだ
9月12日から15日まで、幕張で開催中の東京ゲームショー2019(TGS2019)で、カプコンの開発中の新作タイトルPROJECT RESISTANCE(たぶん仮称)がお披露目されるようです。お試しプレイができるみたいです。行ける人・抽選に当たった人は羨ましいですなぁ。

東京ゲームショウ2019「PROJECT RESISTANCE」出展概要

PROJECT RESISTANCEとは

カプコンが先月くらいから、アンバサダー向けにテスターの募集を行なっていた開発中のタイトルです。プレイヤーは、悪役とサバイバー役に別れて、ラクーンシティのアンブレラの実験施設から脱出、もしくはその阻止を目指すオンラインマルチプレイゲームのようです。単純な鬼ごっこゲームかと思いきや、ゾンビなどクリーチャーもでてくるし、トラップも仕掛けられるしで、なかなか多要素に楽しめそうです。サバイバー側は、アンブレラの研究所に連れてこられた若者。悪役側はこの施設の管理者か実験担当者のようです。なんとなくバイオハザード・アウトブレイク、およびFILE2を連想してしまいます。私はこの2タイトルをプレイしたことはないのですが、現行機でリメイクされたら遊んでみたいと思っていました。
PROJECT RESISTANCEは鬼ごっこやドロケ?
PROJECT RESISTANCEは鬼ごっこやドロケっぽいのかな?
肝心の内容ですが、プレイヤーは悪役側(マスターマインド)と、普通の若者側(サバイバー)に別れて、悪役側はサバイバーの全滅を。若者側は実験施設からの脱出を目指すゲームのようです。鬼ごっこ的な構図のようですから、Dead by Daylightや13日の金曜日のように、サバイバー側とキラー側の両方でプレイでき相当楽しめそうです。上記2タイトルのゲームとは異なる点は、ゾンビやクリーチャーの存在でしょうか。悪役側(マスターマインド)は、ゾンビやリッカーを配置できたり、トラップを配置できたり、タイラントを操作できたりするらしく、その点は鬼ごっこ的なDead by Daylightや13日の金曜日にとは異なる点。もう一つ要素が増えるのですね。
PROJECT RESISTANCEの勝利条件
PROJECT RESISTANCEの勝利条件
今年の1月下旬にバイオハザードRE2(1998年オリジナル版のリメイク)がリリースされたので、順番的には次はバイオハザード3LAST ESCAPE(1999年)のリメイク版かと、個人的には色めき立ちましたが予想は外れ、PROJECT RESISTANCEの発表となりました。カプコン曰く「全く新しいタイトル」とのことだったので、素直に理解すれば当然の帰結でしょうか。PROJECT RESISTANCEはおそらく開発中の仮称かと思いますので、正式なリリースではどんなタイトル名になるのでしょうか。

プレイヤーキャラ

プレイするキャラクターは、悪役側のマスターマインドことダニエル・ファブロン。サバイバー側は男女二人ずつの計4人。男性2人は体力が高く攻撃防御に優れている。女性2人のキャラクターは、それぞれハッキングや化学知識を活かしたヒーリングを得意とするスキル。キャラクターそれぞれが構成のあるスキルパラメーターになっているようで、このへんも最近のマルチプレイ鬼ごっこゲームの定番。
PROJECT RESISTANCEのプレイキャラクター
PROJECT RESISTANCEのプレイキャラクター

ダニエル・ファブロン(マスターマインド)

いわゆる悪役側。Dead by Daylightでいうところのキラー側。13日の金曜日でいうところのジェイソン側。ゲームのステージとなる実験施設の管理者か、実験の責任者のようです。なんとなくバイオハザード・リベレーションズ2のオーバー・シアーことアレックス・ウェスカーのような立場かな。
マスターマインド。ダニエル・ファブロン
マスターマインド。ダニエル・ファブロン
スキルやアビリティとして、監視カメラでサバイバーの行動を監視できたり、トラップの配置、クリーチャーの配置、ゾンビやタイラントを操作して攻撃などができるようです。御尊顔は、なんとなくMGSVのカズヒラ・ミラーを思い出してしまう。

サミュエル・ジョーダン(サバイバー)

アタッカー。サムはその背景から攻撃に優れいているようだ。それなりの事情があって治験の被験者に志願という設定。スキルは当然パンチ系。ダッシュパンチと鋼の拳。しかしゾンビ相手にパンチって、効果あるのかい。ゾンビさんは痛み感じないでしょう。素手で腐った死体にパンチしたくないし。そのせいなのかプロモーション映像や、ティザートレイラーではショットガンで戦闘しています。タイラントとパンチ対決しようにも、相手は超ヘビー級だから歯が立たなそうだ。
サミュエル・ジョーダン
プロモ映像だと、サイトの画像とは随分と違う印象なんだよね。もっと米国の田舎の兄ちゃんみたいで、サイトの画像よりゲーム内のサムの方が好き。名前だけ聞いたら、アフリカ系アメリカ人キャラかと思えてしまう。
サミュエル・ジョーダン|Samuel Jordan
サミュエル・ジョーダン|Samuel Jordan

ジャニアリー・ヴァン・サント(サバイバー)

ハッカー。パンクファッションのジャンは、スキルとしてオーバーロード(監視カメラの無効化)、EMP(監視カメラ弱体化とマスターマインド側のリソースコストを上昇させる)。マスターマインド側になったら、まっさきに屠りたいかな。
ジャニアリー・ヴァン・サント|January Van Sant
ジャニアリー・ヴァン・サント|January Van Sant
サイトのキャラデザイン画像は若めで可愛いのだが、実際の映像では結構バ.........BBAです。そこがちょっと残念。アンブレラの実験施設にいる理由が今んことよくわからん人。ただ、このゲームの時代設定って、いったい西暦何年なんだろう。一応、公式設定ではラクーンシティは1999年に核攻撃で街ごと消滅ってことだったような気がします。だとするとやっぱり20世紀末だと思うけど、その当時のテクノロジーってこんなに、なんでもネットワーク経由でハックできるほど便利だったっけ.....。まあ、細けえことはいいか。いや、良くねえか。
ジャニアリー・ヴァン・サント|January Van Sant
ジャニアリー・ヴァン・サント|January Van Sant

ヴァレリー・ハーモン(サバイバー)

ヴァレリーはサポートとう位置付けで、所謂ヒーラーのようです。化学専攻の学生なのか、アンブレラ社の研究施設でインターンする予定だったという設定。いや、これこそインターンなのか。スキルは生存本能(仲間に付近のアイテムや脅威を強調表示)、スプレーヒーリング(効果時間限定の救急スプレーで地震や仲間を治療)。ジャンと違って幼さが残る風貌。いや別にジャンがBBAだとは言っていないです。
ヴァレリー・ハーモン|Valerie Harmon
サバイバー側は、ヴァレリーを守りつつサポートを受けて進むことが良いのかもしれない。釘バットみたいなものを持っているのが笑える。映像ではキャラデザ画よりもガリ勉そうに見える。三つ編みのお下げの女の子キャラ。
ヴァレリー・ハーモン|Valerie Harmon
ヴァレリー・ハーモン|Valerie Harmon

タイローン・ヘンリー(サバイバー)

タンクという体力・防御力が高そうな設定のタイローン。タイロンじゃなくてタイローン。いや、タイロンでいいでしょ。ラクーンのファイヤーマンだったという設定。スキルは突き蹴り(強力なキック)、サバイバル・エール(仲間の士気向上、一定時間ダメージ軽減)。
タイローン・ヘンリー|Tyrone Henry
ゲーム映像では、サムよりもモデリングの雑さがちょっと気になる。しかし脱出中にATMで現金を引き出しておくことも忘れないしっかり者だ(嘘です)。
タイローン・ヘンリー|Tyrone Henry
「お金振り込まれているかなー」

不安な点

各キャラのスキルをうまく活かしながら、助け合って脱出を目指すのだそうで、なかなか面白そうです。ちょっとだけ心配なのは、PS4とXBOX ONEに加えてSTEAM版があるので、STEAM版はチートプログラムが横行しそうなことでしょうか。きっとプラットフォームごとにサーバーは別れるのでしょうから、PS4の私は心配ないかな。女性キャラが2名いるので、海外のMOD界隈もやる気満々でしょう。変なプレイヤーとマッチングしてしまって不快な思いをすることもあるのは、オンラインマルチプレイゲームの受け入れざるを得ないところですし。

ゲーム画面がちょっと.....

ムービー部分は、サバイバルホラーっぽくて良いんですが、実際のゲーム画面をみるとちょっと、なんというかショボい。いや、明るすぎるのかな。カラフルすぎるのか。ホラーゲームっぽくないので、もう少しホラーらしさをゲーム画面でもお願いしたいところ。わがままですみませんが、15年くらい前のゲームっぽい。
PROJECT RESISTANCE|ゲーム画面
PROJECT RESISTANCE|ゲーム画面

課金だよね

オンラインマルチプレイの鬼ごっこ系ゲームだから、きっと課金ゲームだよね?どれくらいの課金ゲームになるんだろうか。日本のゲーム会社なので、基本プレイは無料で重課金なゲームにはならなそう。課金してコスチューム変化くらいなら良いけど、ゴッツイ武器やら防具やらをお金で揃えられるとなると、課金ユーザーが無双状態にならないでしょうか。

ポリコレ

ポリティカル・コレクトネスとかダイバー・シティー的に、このサバイバー4名でいくと五月蝿え奴ら意識が高い方々が文句をつけてこないでしょうか。バイオ5のトレイラー映像公開したら「白人が黒人を撃ち殺している。ケシカラン」となってしまい、急遽黒人女性キャラのシェバちゃんを加えたくらい、ゲームの世界にも高尚なご高説をいただく時代。男女比は半々なのでジェンダー的にはともかく、アジア系が居ないだの、男性キャラが前にいて、女性キャラは後ろで守ってもらう構図なのはどーたらこーたら(きっとこういう方々は動物性タンパク質が足りてないのではなかろうか。赤身も食べなきゃ健康に悪いよ。特に脳に)。そんなやつはヴァレリーの釘バットで頭を●●●●●!!。わたしなんか、ダイバーシティなんて初めて聞いた時は、お台場に新しいマンション街でもできたのかと思いました。

いつ出るのかな

これだけが今のところ不安。それ以外はとても楽しみです。TGS2019での追加情報の公開を待ちたいですが、会場に足を運ばれて、テストプレイできた方の報告を待ちたいと思います。てっきりバイオ3のリメイクかと思っていたので、気持ちよく裏切られました。やるなカプコン。でも、バイオ3リメイクも早く出してね。

コメントはこちらからお願いいたします。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top